Lusso名駅 阪急フェリー 門司港〜泉大津 にこ商店

皆さんこんにちは。

いつも「にこ商店」をご愛読頂きありがとうございます。

本日は九州からの復路について。

往路は大好きな新幹線「N700A」に乗り博多経由にてみずほで最終到着地熊本駅まで行きました。

復路は学生の時以来の体験である船での移動です。門司→泉大津までの「阪急フェリー」。

店主は学生の時に苫小牧から名古屋まで乗船した際に太平洋の荒波に揉まれて3日間船酔いの寝たきり状態で嫌なトラウマがありかなりの不安を抱いての乗船でした。

ロビーは確かにタイタニックでは無いが普通のホテル並みで安堵感有り。客室は今回大晦日ということもあり空きが多く個室が予約できプライベート確保。

今回は阪急フェリー「いずみ」へ乗船。

テレビもよく映るのですが船が動いていることもあり県を超えるとチャンネルが変わってしまうところあり。

しかし住環境はカプセルホテルの狭さというストレスがなくなったイメージで枕は座布団級の薄さ、掛け布団もタオルケット級の薄さ。エアコン調節機能は無く寒かった!!!夏は逆に夜中の暑さが心配ですね。

夜ご飯は「やよい食堂」の様な好きな物をチョイスして食べるスタイル。値段も船上ではあるが適切な価格設定でした。

そして一番の懸念となる船酔いもさすがに瀬戸内海は波穏やかで揺れは無く新幹線並みの揺れで快適な船上でした。

あと1つの不安は船の事故を過去に多く目にしていてとんでもない妄想が頭を駆け巡ったりします。例えば呉を通過するので浮上する潜水艦とぶつかったりとか、韓国のセウォル号の様なことなど嫌なことがグルグルと頭を駆け巡ったり。

しかしそんな様々な心配は無用で快適すぎる一晩でした。

泉大津着岸後はすんなり車も船から降りて渋滞無く家路へ。阪神高速~第二阪奈道~名神~新名神~東名阪を経由して下船後3時間弱で自宅到着の旅でした。

投稿者: にこ商店

「にこ商店」の店主です。ご来店ありがとうございます。商品はLusso名駅で久屋から名駅、円頓寺での旬な情報をご提供致しております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。